OS株式会社

お問い合わせ

文字サイズ

映画館の歩み

1946年
12月
京阪神急行電鉄株式会社(現阪急阪神ホールディングス株式会社)より神戸三宮駅ビル東館『阪急会館』を借受け開館。
1947年
7月
阪急阪神ホールディングス株式会社より神戸三宮駅ビルの『三宮劇場』が『三宮映画館』を借受け開館。
大阪市北区梅田の『OS映画劇場』が竣工、洋画ロードショー劇場として開館。
1948年
4月
梅田グランド劇場を取得、『OS文化劇場』として直営化。
1949年
5月
梅田シネマ株式会社及び大成起業株式会社を合併し、『梅田シネマ』を直営化。
1950年
12月
『阪急文化劇場』を開館。
1951年
7月
東洋映画株式会社を合併し、『スバル座』を直営化。
1954年
9月
火事によりOS映画劇場 全焼。
11月
『阪急シネマ』を開館。
12月
先に焼失したOS映画劇場をシネラマ上映館『OS劇場』として再建竣工。
1956年
12月
OS文化劇場を取り壊し、同敷地上に『梅田楽天地ビル』を建設竣工。
地階及び1階を貸店舗とし、2階以上を『ニューOS劇場』として開館。
1959年
6月
『神戸新聞会館大劇場』『スカイシネマ』を開館。
1964年
8月
姫路南座を取り壊し、同敷地上に『姫路OSビル』を建設竣工。
地階~5階を貸店舗とし、6階~8階を『姫路OS劇場』として開館。
1971年
12月
スバル座を取り壊し、同敷地上に『南OSビル』を建設竣工。
1974年
10月
梅田シネマを取り壊し、同敷地上に『梅田OSビル』を建設竣工。
1975年
4月
南OSビルを改装。3階~4階を貸店舗とし、5階~6階を『OSスバル座』として開館。
1987年
7月
神戸新聞会館大劇場を閉館し、スカイシネマを『神戸新聞会館シネマ1・2』として改装。
1991年
2月
OS劇場を閉館。
ニューOS劇場を『OS劇場』に館名変更。
1995年
1月
阪神・淡路大震災による被害のため阪急会館・阪急文化劇場・阪急シネマ・神戸新聞会館シネマ1・2を閉鎖。
7月
姫路OS劇場を複合館化し、『姫路OS1・2・3』として開館。
12月
阪急会館を複合館化し、『OS阪急会館1・2』として開館。
1996年
12月
三宮劇場を複合館化し、『OS三劇1・2』として開館。
1997年
4月
OS劇場を複合館化し、『OS劇場』『OS劇場C・A・P』として開館。
1998年
4月
三宮センタープラザ東館『OS・シネフェニックス1・2・3』を直営化。
2005年
12月
OS劇場C・A・Pを『OS名画座』に館名変更。
2006年
8月
OS三劇1・2を閉館。OS・シネフェニックス1・2・3の営業を終了。
9月
OSスバル座を閉館。
10月
神戸三宮に都市型シネマコンプレックス『OSシネマズミント神戸』を開館。
2007年
5月
2008年
11月
「阪急西宮ガーデンズ」内に、『TOHOシネマズ西宮OS』を開館。
2013年
4月
「神戸ハーバーランドumie」内に、『OSシネマズ神戸ハーバーランド』を開館。
2016年
1月

 

PAGE TOP